意外と知らない?害獣が与える被害と害獣駆除業者が行う駆除方法/Insects Control
HOME>Utility>意外と知らない?害獣が与える被害と害獣駆除業者が行う駆除方法

外来種の脅威

日本には、ペットとして買われていたけど買いきれず野に離され野生化してしまった動物がたくさんいます。また、他の生物の駆除を目的として持ち込まれ増えてしまった種類もいます。日本以外から持ち込まれた動物は、強い個体が多く繁殖力も高いのでどんどん増えていきます。また気性が荒い動物も多く、可愛い見た目に反して危険な動物がたくさんいます。日本の害獣に指定されている動物にはどのような動物がいるのでしょう?街中や住宅地で見かけた場合は、どこかの家に住み着いていたり、近くに住みかがある可能性があります。自分の家の近くで見かけた場合は、早めに業者に依頼をしておくと被害に合うリスクを回避する事ができます。

害獣として気をつけたい動物

  • イタチ
  • ハクビシン
  • アライグマ
  • ハト
  • アライグマ
  • ハト
  • ネズミ

動物愛護法に基づく方法

作業員

地方や農村部だけでなく、都心などでも害獣が棲みやすい環境が整っていると、住宅の屋根裏などに侵入されたり、大切な柱や壁材が傷んでしまったり、糞尿などの悪臭で悩んでいる人が増えています。害獣には体の小さいものはネズミなどがありますが、アライグマやハクビシン、ハト、イタチなどの被害も増えています。獰猛な性質を持っていたり、知能指数が高い動物もいるため、素人が撃退をするのは難しいケースがほとんどです。害獣駆除の専門業者は、害獣の種類に応じた駆除方法を提案してくれるので、安心して依頼できます。動物愛護法という法律に基づいた、動物の体に負担の少ない方法を提案してくれます。

侵入経路を特定して撃退

アライグマやハクビシンなどの害獣は、木登りが得意なので農作物に被害を与えたり、屋根裏に侵入されてしまい、足音などの騒音や悪臭、喘息やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患の原因になります。害獣駆除の専門業者は、動物の体に負担を与えないように、侵入経路を特定してから音を使って撃退をしたり、動物が嫌う臭いを発生する忌避剤などを使用して追い出しをします。害獣を追い出した後は再び侵入されるのを防ぐために、金網やネットなどを使用して侵入経路を塞いでくれます。日頃から動物の餌になるものは、出さないことも大事です。

広告募集中